NUROガイド

NURO 光の無線LANルーターの性能とは?便利なNAS機能の詳細について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NUROガイド NUROガイド

スマートフォンが当たり前になり、パソコンもノートパソコンを使っている方が多くなってきたのではないでしょうか?

そんな時代背景もありwi-fi環境が生活の中で欠かせないものになりました。

カフェやファミレス、さらには地下鉄でもwi-fiが飛んでいたりと、どんどんwi-fiの環境が整備されてきています。

そんなwi-fi環境をNURO 光では追加料金がかからずに使う事ができますが、「標準搭載のもので大丈夫なの?」、「実際、使い物になるの?」と不安に思う方も多いと思います。

そこで今回はNURO 光の無線LAN機能の性能についてまとめました。

無線LANの規格ってなに?

©️きなこもち


ここを抑えておけばwi-fiに関して理解を深められると思うので、まずは無線LANの規格について触れていきたいと思います。

まず、無線LANには国際的な規格があります。

一般的なもので、IEEE802.11a、b、g、n、acの5種類があります。

それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

無線LAN規格
通信速度
周波数帯
IEEE802.11a 54Mbps 5GHz帯
周波数が5G帯で、電子レンジなどのノイズに干渉しにくいのが特徴だが、金属やコンクリートなどの障害物に弱く、電波障害が起こりやすいというデメリットがある
IEEE802.11b 11Mbps 2.4GHz帯
無線LANの普及のきっかけになった規格。
周波数が電子レンジやBluetoothなどとかぶる為、それらとノイズが干渉し速度が低下しやすいのが特徴。
IEEE802.11g 54Mbps 2.4GHz帯
IEEE802.11bの上位規格であり、通信速度が5倍ほどアップしたもの。
周波数帯はIEEE802.11bと同じだが、ノイズによる干渉を軽減している。
IEEE802.11n 600Mbps 2.4/5GHz帯
理論値で600Mbpsを目指して作られた規格。
2009年9月に正式となった規格で、通信速度は製品によって異なるが、150Mbps以上となっている。周波数帯が2.4GHzと5GHzの両方に対応しているのが特徴。
両方に対応している為、複数同時に回線が飛び交うような環境でもお互いに干渉せずに利用することができる。
ただ、IEEE802.11nに対応している物でも、周波数が2.4GHzのみ対応の物も多く、両方に対応しているタイプは割と高価な物となる。
IEEE802.11ac 6.9Gbps 5GHz帯
2013年3月から電波法関連規則の改定で、Draft版として日本国内でも使えるようになった高速Wi-Fi規格。IEEE802.11nの11.5倍の高速化を実現。
複数のパソコンやスマホをつないだ時や無線LANの親機から離れた部屋でも、安定した通信が可能。他の規格と比べても一度に運べる情報量が多い為、データ容量が大きい映像などもスムーズに再生することができる。

周波数に関していうと、2.4GHzは電子レンジやBuletoothと同じ周波数帯のためノイズの影響を受けてしまうのに対し、5GHzは他の機器に干渉しない為安定した通信が可能です。

現在の無線LANの規格でいうと、Draft版とはいえIEEE802.11acが一番安定した高速通信をすることができると言えます。

NURO 光の無線LANの性能は?

©︎Layu


まずNURO 光にはONUと言われる機器が下記の5種類あり、機種によって無線LANの性能も違います。それぞれがどの規格に対応しているのかをまとめました。

  • ZXHN F660T → IEEE802.11(a/b/g/n)
  • HG8045j → IEEE802.11(a/b/g/n)
  • HG8045D → IEEE802.11(a/b/g/n)
  • ZXHN F660A → IEEE802.11(a/b/g/n/ac)
  • HG8045Q → IEEE802.11(a/b/g/n/ac)

ZXHN F660AとHG8045Qが最新のONUであり、IEEE802.11ac対応です。

この2種類に関しては最大速度が1300Mの為、高速で安定した無線通信ができるでしょう。

同程度の条件の無線LANルーターを購入しようとすると1万円前後はかかる為、追加料金がかからずに使えるのはかなりお得なのではないでしょうか。

ちなみに、どの機種が設置になるかは「工事の際に工事班が持って来ている物」となり、残念ながら指定はできません。

しかしほとんどの場合、最近では最新の機種を設置していってくれるそうです。

ただ、稀に最新の機種ではない場合もある様で、その様な場合は、NURO 光に連絡して交換してもらう事が出来ます。
2015年9月以降の申し込みの方であれば、無料交換が可能です。

現在NURO 光を使っている方でも、最新のONUへ無料で交換が可能の為、最新版をご希望の方は一度連絡してみてはいかがでしょうか。

※2015年9月以前に申し込みの方は10,000円で交換してもらうことができます。

以前からあったNAS機能とは

©︎Freepik.com


NURO 光のONUには簡易的なNAS機能が付いています。

NASとは、Network Attached Storageの略です。簡単にいうと、LANに接続して利用する外付けのハードディスクのことです。

普通外付けのハードディスクといえば、パソコンなどと1対1でつないで利用しますが、NASはLANのネットワークに接続して、そのネットワークに入っている各デバイスからアクセスすることができます。

そのため、家庭内もしくはオフィス内にある複数のパソコンやスマートフォンなどからLANを経由してNAS内に接続し、ファイルの共有やバックアップをする為に使われていたりします。

この機能は一部の高価な無線LANルーターに付いている機能なのですが、NURO 光のONUには標準で付いています。

この機能を利用し動画や音楽などを共有することによって、複数のパソコンやスマートフォンなどからLANを経由して視聴することができます。

この機能は様々な使い方ができるので、ご自身の生活スタイルに合わせ、ぜひ試して頂ければと思います。

まとめ

最新の機種はIEEE802.11acに対応していて最高速度も1300Mであり、NAS機能もついている為、NURO 光のONUや無線LANの機能に関しては申し分ない性能と言えるでしょう。

何よりこの機能がオプションではなく標準で付いてくると言うのは、NURO 光の凄い所です。
是非、参考にして頂ければと思います。

お申込み・お問合せ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Pickup
おすすめの記事