NUROガイド

引越しには要注意!NURO 光を申し込む前に知っておくべき事まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NUROガイド NUROガイド

NURO 光は世界最速下り2Gbpsの速度を誇り、月額料金も全て込みで4,743円ととてもお得に利用できる光回線です。

しかし1つの欠点と言える箇所は「引っ越しに対応していない」という点です。

NURO 光の提供エリアである関東圏は、賃貸で単身のユーザーが多く、仕事関係や住んでいる部屋の更新の兼ね合いなどから、引っ越しをする機会の多い方が多い地域です。

「引っ越し先でもNURO 光を使いたい」と思った場合、残念ながら「現在使っているNURO 光の回線をそのまま移転させて使う」という事が出来ません。

そこで今回は、NURO 光利用時の引っ越しについて、事前に知らず後悔する事のないよう、情報をまとめていきたいと思います。

引っ越しをする際のNURO 光注意事項3つ

①必ず1度解約という扱いになる

NURO 光は元々、提供エリアが限られている為、関東圏以外に引っ越しをする事になった際は必然的に解約せざるを得ません。

しかし、引っ越し先も関東圏で提供エリア内であったとしても、回線の移転手続きを行っていない為、「現在使っている回線を解約し、新居で新たに再契約する」という方法しか、現段階では引き続きNURO 光を使用する事は出来ないとされています。

②解約金や事務手数料について

もし、引っ越す時期が丁度NURO 光を使って2年目の更新月であれば解約金は発生する事なく解約が可能です。

しかしその期間外に解約すると、継続理由を希望の引っ越しが理由であったとしても解約手数料として9,500円が発生します。

丁度更新月に合わせて引越しが出来る事の方が難しいと考えられる為、殆どのケースで解約金は発生してしまうでしょう。

また、新居にてNURO 光を再契約する事を仮定した場合、初月のみ契約事務手数料として3,000円が別途再度発生する為、解約し再契約する事で12,500円の費用が掛かるという事になります。

一方、賃貸の更新などの場合は、回線と物件の更新月を合わせるなどの対応も可能ではある為、比較的合わせやすいのではないでしょうか。

※その他光回線では、引っ越しの際移転手続きには多くが対応していますが、殆どが移転設置費用として別途料金が発生してくるケースが多いです。

③工事費の残債について

NURO 光は2年契約の自動更新となります。

それに伴い、更新月は2年目という事になります。

ですが工事費については少々複雑で、実質無料となっておりますが、詳しくは工事費用40,000円分を30回払いで計算され(毎月1,333円)、毎月1,334円が割り引かれている為、実質無料として使用できるのです。

その為、2年の更新月で解約すると解約金は発生しませんが、残りの工事費用6ヶ月分が残る事となり、金額にすると6ヶ月×1,334円の8,004円が請求される事を忘れないよう注意しましょう。

賃貸の場合、併せて知っておくべきこと


撤去費用、原状回復費が別途必要
賃貸の場合は戸建てよりも引っ越し時の解約に伴う費用が大きくなる可能性が高いです。

理由としては、賃貸の場合は物件を原状回復しなければいけないケースが多く、回線設備の撤去費用が別途発生する為です。

撤去工事はソネットへ依頼し、費用は10,000円がかかります。

大家さんや管理会社により対応は様々な為、一度確認を取る事をお勧めします。

また、解約に伴いNURO 光で使用していた機器を返却する必要がある為、誤って処分しないように注意が必要です。

返却が必要なものとしては、ONU以外にも、LANケーブル、スタンド、アダプターなど設置された際の一式と考えて良いでしょう。

解約はサポートセンターへ直接電話が安心


NURI光の解約手続きには「解約」と「退会」の2種類があります。

  • 解約・・NURO 光の回線のみを解約する
  • 退会・・ソネットのサービス自体を辞める

「解約」の場合は引き続きソネットのアカウントを利用する事が可能です。

「退会」した場合はソネットのサービス(カスペルスキー、メールアドレス、サポート類)が全て利用出来なくなる為、それらを利用している場合は注意が必要です。

また、ひかり電話やおうち割りサービスは、NURO 光の解約と同時に解約となります。

NURO 光の申込時に新規で電話番号を取得した場合、その番号を継続して利用する事は出来ませんが、元々NTTで発番された番号であれば番号ポータビリティとして継続利用が可能となります。

番号ポータビリティは手続きに多少時間がかかる為、早めに行っておくとスムーズに進みます。

※もしもNURO 光から他光回線へ乗り換えるといった場合でも、その他光回線(OCN光やUNEXT光など)の光コラボから別の光コラボへ乗り換えるより簡単に番号ポータビリティが可能です。

他光回線→他光回線の場合は、固定電話番号は「アナログ戻し」をしなければ同じ番号で継続利用出来かねますが、NURO 光→他光回線の場合は「アナログ戻し」は必要なく、手間を省く事が出来ます。

また、解約する際はサポートセンターへ直接電話し、「引っ越しの為解約希望な事」「引っ越し先でも再契約希望な旨」を伝えるとその際に必要な手続きのアドバイスを受ける事が出来ます。

更にNURO 光には他社に比べて高額なキャッシュバックキャンペーンもあり、その点については直接確認しなければ分からない為、一緒に質問すると良いでしょう。

まとめ

引っ越しにはお金が沢山掛かりますよね。

そこにネット回線の撤去設置費用により更に金額が上乗せされてしまっては大変です。

申込む前に引っ越しの予定の有無や、マンションの更新期限などの確認を忘れないようにしましょう。

もし引っ越す場合には必ずサポートセンターへ直接申告し、アドバイスをもらい手続きを行うようにしましょう。

お申込み・お問合せ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Pickup
おすすめの記事